BB LEATHER

素材のこだわり

ワイルドに荒々しく使って欲しいと願うBrownBrownレザーアイテムは、
野性的な表情とレザーの耐久性を追求しています。
そのため、キズやシミ、深いシワが魅力的な原革を採用しました。
生きた証であるキズは砂煙を上げながら大草原を
かけまわるパイソンを感じます。

bb.kizusiwa
bb.kizusiwa2

また耐久性を出すため分厚く漉いたレザーを
使用しており、ハードな使い方にも
耐えることができます。
レザーは天然素材なので
1つとして同じものはありません。
一枚の原革でも背中/首/モモの部位など
全く違う表情をしています。
そのレザーを職人の選別により縫い上げ、
唯一無二のアイテムを作り上げています。

BrownBrownでは数少ない日本のタンナーから栃木レザーのフルベジタブルタンニングレザーを
採用しています。フルベジタブルタンニングレザーとは南米産のミモザの樹皮から抽出されたタンニン剤で
じっくり時間をかけてなめしあげた純正ぬめ革です。なめし方法は匠の技術を巧みに駆使し造りあげた
ワイルドで完成度の高いレザーです。ぬめ革とは、日本の風土に合った加工方法でタンニン液を
満たした槽に皮を浸し、約一ヶ月から一ヶ月半をかけて基礎素材を作りあげた革です。

製法

*ハンドステッチ

ワイルドに荒々しく使って欲しいBrownBrownレザーは耐久性を高めるためハンドステッチで製品を
製作しています。分厚いレザーを縫い合わせるのに最適なハンドステッチは職人が針と太い糸のみで
一目一目丁寧に締め上げています。

seihou1

時代とは逆行している生産方法ではあるが機械に頼らず
職人の巧みな技術で作り上げるレザーアイテムは、
たくましく重厚感があるのです。
また、ワイルドなレザーの中にも美しさを求める
BrownBrownでは仕上がりが最もキレイなハンドステッチに
こだわっています。丈夫さと美しさを兼ね備えた
ハンドステッチに魅力を感じることでしょう。

seihou2
seihou3

*手染めによる染色

BrownBrownレザー最大の特徴は色合いにあります。
それが手染めです。水染め、浸染めとは違い手染めすることにより、
銀面(表)のみ染色する方法です。
手間と時間だけがかかりますが一枚のレザーと真剣に向き合い
染め上げることで水染めとは違う質感が生まれます。
そのため職人による色ムラやレザー部位による色ムラがありますが、
それぞれが個性的な色合いをしています。
また、そこからレザーを染色する作り手の息吹が
感じられるのではないでしょうか。そして、ワイルドな栃木レザー
(原革)が最も活かされる染色方法なのでしょう。
手染めは銀面(表)のみの染色で床(裏)には色が付いていません。
レザー本来の色合いを楽しんで頂けます。

妥協なき物作り

*ヘッド

BrownBrownが厳選したシルバー職人に依頼し、
作り上げたオリジナルヘッドパーツ。
最高品質のSILVER925と経年変化が特徴の
BRASSを使い、職人さんがひとつひとつ
手作業で作り上げたパーツになります。

monodukuri1
monodukuri2

*Fiocchi

イタリアFiocchi社製のバネホック。
高級ブランドに使用されることが多いFiocchiは
開け閉めの際に出る音や力の入れ具合にもこだわり、
細部にまで渡り洗練されたバネホックです。
耐久性が高いのも特徴の一つであり、
ハードな使い方にも耐えられます。

*真鍮製のパーツ

経年変化を楽しめる真鍮パーツ。
レザーとともに変化していく真鍮パーツは徐々に黒ずんでいき、
上品な輝きを放ちます。

monodukuri3
経年変化
keinen1
keinen2
keinen3
keinen4
keinen5
BrownBrownならでは

色ムラ
naradeha1
原革使用のため色ムラがあります。
厚み・質の異なる革を使用して
いますので、色ムラがあります。

色味の違い
naradeha2
染色も、職人が手作業で行って
いるため、同じ革色でも色味の
違いが生じます。
同じ革色を複数ご注文頂いても
色味が変わる事があります。

独特のにおい
naradeha3
植物由来のタンニンでなめされた
革は、革独特のにおいがあります。
お使い頂く中で、多少やわらいで
いきますが、完全に消える
ということはありません。

質感の違い
naradeha1
背中/首/モモの部位など質感に
違いがあります。
製品には問題ありません。

天然素材が持つキズ/シミ/シワ/血筋
naradeha2
天然素材ゆえのシワやキズを一つの
個性ととらえ、自然の表現を生かし
た仕上げをしています。
そのため、シワやキズがそのままの
表情として出ています。使い込んで
いく内に目立たなくなり、それも
アイテムの一部となっていきます。

内張りがない
naradeha3
修理をすることも念頭に入れた
製品作りを心掛けています。長い間
アイテムを使い続けていくと、
どうしても耐久性の弱い内張りから
痛んできてしまうからです。

厚みを表す数字
naradeha3
一枚の革につき一箇所のみ厚みを
表す数字が記されています。
一部商品に数字が入っている
場合があります。