2019 Spring & Summer

前回のSTANDARDから、さらに3年。
あいかわらず革と向き合う中で、気づいたこと、想うところがありました。
そこで、7年目を迎えるこの機に、定番商品を再定義することに。
我々は何を求められているのか、我々にできることは何なのか。
我々のアイデンティーとは何なのか。
少し、大人になったBrownBrownをご覧ください。

2018 Autumn & Winter

合理性・機能性を求められがちな昨今に、
視覚・触覚を通じて、美的快感を起こさせるような装飾を。

2018 Spring & Summer

真上の太陽から七色の光を浴びる。
木漏れ日の下でほっとする。
そんな時間を大切にしたい。
そうやって、日々の時間を大切に過ごせたならば、
僕はどんな色へと変化していくのだろう。

2017 Autumn & Winter

東京と沖縄
アトリエを二拠点化しての初めての展示会
引っ越しを経てのあれやこれや

2016 Autumn & Winter

“Journey with…”
革との旅。
旅先で、突然打たれた雨の痕。
異国のレストランでこぼしたワインの滲。
寝台列車の荷台で揺られ続けた擦り傷。

すっかり色も濃くなり光沢のついた相棒の、そんな記憶が、
また私を次の旅へ誘う。

2016 Spring & Summer

BrownBrownは2016SSで4年目を迎えます。
これを機会にすべての定番商品を見直すことにしました。
来る日も来る日も革と向き合い続けた日々。
3年前とはいったい何が変わったのか。もしくは何も変わらないのか。
どちらにせよ、我々の新たな土台となりそうです。

2015 Autumn & Winter

“SYMBOL”
symbol / símb(ə)l /象徴、シンボル
直接的に知覚できない概念・意味・価値などを、
それを連想させる具体的事物や感覚的形象によって間接的に表現すること。
また、その表現に用いられたもの。(大辞林より)

人は、原始的もしくは補完的に自己を象徴する物を身につける。
それは他社とは違うのだという独自性を本能的に表現したいからではないだろうか。
気に入った革とコンチョを選ぶという行為は、己を知ることと少し似ている。

2015 Spring & Summer

“Play to goout”
あ、今日は天気がいいから外で遊ぼう
芝生で遊び、森を堪能し、山の声を聞く。
そこにはいつも発見がある。

そうだ。世界は広いのだ。

山で食べるカップラーメンは、実に旨い。

2014 Autumn & Winter

“FARMER’S LIFE”
一人暮らしのファーマ
ファーマが使っているモノ
ファーマの食卓、ライフスタイル

どのようにモノを使っているのか?
食卓にはどのようなものが並んでいるのか?
どのようなこだわりがあるのだろうか?

ファームジョブは土いじりだ

そうだ。食器も土で出来ている

2014 Hi-Summer

“Green Grown”
栃木レザーを育てる喜び。
植物を育てる喜び。
時を刻む毎に変化して行くことを
楽しむレザーと植物をテーマに
BrownBrownのフィルターを通し、
表現したシーズン。